HOME会社概要アクセスお問い合わせ

私たちの食生活において、安全、安心、健康は欠かせないものです。私たちの食に対する関心は、安全性の確保や品質への信頼性に集まり、食品の生い立ちを把握し、それを情報として受けたいというニーズは大変に高まっています。

そこで、食品の生産・製造方法等を何らかの手段で情報化し、それが生産者側により情報として食品に添付され、その流通過程の各段階でもデータとして利用されることで、食品の流通過程そのものが把握でき、最終的に、私たち消費者が自由に内容を検索し、且つ食品を合理的に選択できる仕組みにより、安全で安心な健康づくりに役立てます。

(1)消費者に食生活における安心感・安全性を提供し、食品に対するより高い信頼性を
   得ること。
(2)生産者及び生産地に於いて、食品の持つあらゆる情報をデータ化し、生産物と共に
   出荷させること。
(3)生産者から出荷された食品は、流通・加工段階でも引き続き食品情報が明示でき且
   つ維持し続けること。
(4)販売など消費者へのサービス段階では、消費者の購買判断基準として必要とされる
   最低限のデーターが食品に表示されること。


生鮮履歴情報株式会社
代表取締役 豊田雅廣
ヨークベニマル様「産地が見えるお野菜/三ッ星野菜」
Copyrigh© 2014 seisenrireki-johou All Rights Reserved.